大手と中小規模の車買取業者の提示金額と相場金額との関係

車の買取業者には、大きくは2つの規模があります。中小規模の業者と、大手企業です。中には上場している車の買取業者もありますね。

ところでその2つのタイプの業者には、違いが幾つかあります。その違いの1つは、車の相場金額と提示金額との関係です。大手企業の場合は、相場金額が低めの車には高い査定金額を提示する事が多いそうです。逆に中小企業の場合は、相場金額が高めの車に対して高い査定金額を提示するケースが多いと言われています。

例えばある車の相場金額は60万円だとしましょう。そして何社かがその車に対して査定金額を提示しますが、もちろん各社によって差がありますね。

この時、大手企業の場合は比較的高い金額を提示するケースが多いそうなのです。仮にその金額を70万円だとしましょう。それに対して中小規模の買取業者の場合は、大手企業よりは低めになるケースが比較的多いそうです。ですので70万円ではなく、64万や66万などでしょうか。
ヴェルファイア 買取
ところでもう1つの例を考えてみます。ある車の相場金額は、150万円だとします。ではこの車に対する査定金額も大手企業の方が高くなる傾向があるのかというと、むしろ逆だそうです。100万円を超えると、むしろ中小規模の買取業者の方が査定金額が高めになる事が多いそうです。ですので大手企業は160万円で、中小規模の買取業者は170万円などでしょうか。

つまり100万円以下の車の場合は大手企業の方が買取金額が高めになり、100万円を超えるとその逆になる訳ですね。しかし、それはあくまでも全体平均としてそのようなケースが多いという事だそうです。現実には必ずしも上記のような買取金額になるとは限りません。 ただ大手と中小規模の提示金額に、違いがある事だけは確かですね。